法人向けパソコンレンタル業者6選

top > パソコンレンタルの法人向け情報 > パソコンを借りるのはレンタルとリースのどちらが良いか

パソコンを借りるのはレンタルとリースのどちらが良いか

 法人がパソコンを借りる選択肢は、2つあります。
レンタルもしくはリースです。
その2つは比較される事も多いですが、多くの法人は前者のレンタルを活用しています。
リースは、長期契約が前提になります。
短期間だけ借りるというより、1年間などの長期間で使い続けるシステムになります。
それに対してレンタルというサービスは、かなり短い期間でも問題ありません。
数日だけ借りる事も可能です。
リースというサービスは、短期ニーズには不向きな一面があります。
基本的には長期契約になる都合上、殆どのリース会社では「数日のみ」借りる事はできません。
ですからリースは、イベントには少々不向きです。
イベントですと数日限定になってしまう事が多く、リース会社から借りるのは困難だからです。
むしろレンタルが推奨されます。

 レンタルはかなり短い日数でも問題無いので、よくイベントや研修などで活用されています。
例えば新入社員に対する研修を行うので、数日だけパソコンを借りる事も可能です。
またリースには、解約金に関するデメリットがあります。
そもそも普段使っている携帯やスマホも、途中解約してしまいますと、解約金が徴収されてしまいます。
携帯会社によっては、解約金がかなり高めな事もあります。
ですから携帯などは、そこそこ長い期間使い続ける事になる訳です。
リースというサービスにも、同じような一面があります。
レンタルと違って長期契約が前提になるので、途中で解約してしまいますと、お金を請求されてしまいます。
しかも解約金は、分割でなく一括で支払う事になります。
しかしレンタルというサービスは、また話が異なります。

 法人のパソコンをレンタルする場合、基本的には違約金などはありません。
もともと1日限りや1週間のみなどの短期で借りる契約をしておけば、リースのような高い違約金が発生する事もありません。
しかもレンタルの方が、料金を低く抑えられる事もあります。
リース契約は長期前提になる都合上、利用料金の総額も少々高めです。
それに対してレンタルの場合は、数日限り借りる事も可能なので、かえってリースよりは料金を低く抑えられる事もあります。
現に数日だけパソコンをレンタルする料金は、2000円台の業者もあります。
リースというサービスですと、そこまで低い料金にならない事が多いです。
つまりレンタルはリースと違って、格安に短期的にパソコンを借りられる訳です。
ですから短期的にパソコンを借りたい方々は、リースでなくレンタルを活用している傾向があります。

次の記事へ