法人向けパソコンレンタル業者6選

top > パソコンレンタルの法人向け情報 > レンタルするパソコンの2種類の受け取り方法

レンタルするパソコンの2種類の受け取り方法

 法人がパソコンをレンタルするなら、マシーンを受け取る必要があります。
受け取り手段は2種類あって、郵送もしくは店頭です。
後者の店頭は、お店にて直接パソコンを受け取る事になります。
貸し出し可能なお店に直接訪問し、まず店頭にて手続きを行います。
手続きが完了したら、その場でお店でパソコンを受け取る訳です。
ちなみに受け取りだけでなく、店頭で返却する事もできます。
もう1つの郵送は、宅配業者にパソコンを送ってもらう方法です。
その方法の場合は、事前にレンタル業者に連絡する必要があります。
まずはメールや電話で申し込みして、お店に料金を支払った後に、パソコンが郵送される訳です。
店頭受け取りという方法は、スピードに関するメリットがありますが、郵送は安全性のメリットがあります。

 お店の場所によっては、店頭受け取りの方が便利です。
郵送という手段の場合、若干時間を要してしまう場合があります。
自社オフィスからお店までの距離が離れていると、到着するまで時間がかかるからです。
地域によっては、数日ほど要してしまう事もあります。
その点すぐ近くにお店があれば、とてもスピーディーにパソコンを受け取れる訳です。
徒歩10分や20分程度の場所にあれば、即日でパソコンを受け取ることもできます。
ただ店頭受け取りにはデメリットもあって、パソコンは慎重に取り扱う必要があります。
一旦お店で受け取った後は、パソコンを運搬する事になります。
その際パソコンがどこかに衝突してしまえば、破損する可能性もあるからです。
自社オフィスまでパソコンを運ぶ道中でうっかり衝突しないよう、注意を要します。

 郵送受け取りという方法の場合は、上述のスピードのデメリットはあります。
お店から自社オフィスまで距離が離れていれば、どうしても受け取るのに時間がかかります。
しかしパソコンが破損する確率は、低くなる事が多いです。
自社オフィスまで直接パソコンを届けてもらえば、わざわざ受け取り本人がオフィスまでパソコンを運搬する必要もありません。
自社オフィスの安全な場所に設置しておけば、どこかに衝突してしまう事もありません。
また郵送受け取りは、手間のメリットもあります。
重たいパソコンを自社オフィスまで運ぶのも大変ですが、郵送なら運搬する必要もありません。
ですからパソコンの破損などが気になる時は郵送受け取りがおすすめですが、スピーディーにパソコンを受け取りたい時は、店頭受け取りが推奨されます。

次の記事へ